キッチン収納の基本

キッチン収納でもっとも大切なことは必要なところに必要なものがあることです。
食事の準備でも後始末でも、ほとんどの人はそれなりに時間を節約したいと思うのが普通です。
そのためには、必要なものが必要なタイミングで取り出せることが大切なのです。


収納の基本は、よく使うものは手前、あまり使わないものは奥、軽いものは上、重いものは下というのが常識です。
調味料や菜箸、軽量スプンなどは比較的上の方、鍋やフライパンはシンク下などが常識的なキッチンの収納です。


また、キッチンの構造は各家庭によって違います。
アイランドキッチンもあれば、シンク、調理台、レンジ台、冷蔵庫、キッチンボードが全て横並びのキッチンもあります。
キッチンの構造によっても使い勝手は変わるし収納方法だって変わります。


そして、どんな収納をするにしても大切なことは収納物が整然とコンパクトに並べられ、しかもそれらが清潔に保管されることです。
整然と並べることで手早く取り出せるように、また在庫状況が一目瞭然に分かるようにして二重買いや在庫切れを防止します。


コンパクトにすることでキッチンの収納量を増やします。
コンパクトな収納を目指すには何といっても不必要なものを置かないということが大切です。
不要品の処分は収納作業の一部といっても過言ではありません。
また、キッチンは食べ物を作る場所ですから衛生的でなければなりません。
本当に便利で衛生的な収納をするにはどのような方法があるのでしょうか?

▽特集
最新の給湯器が卸値価格で購入出来るお得な通販サイトです > 給湯器